痛みの駆け込み寺

この患者様の声の数々が証拠です

J.Hさん
50代女性 医療従事者

整形では全然良くならず、我慢できないほど痛んでいた腰のヘルニアが、たった2回で痛み止めを飲まずにすむぐらい良くなり、手術も免れました。

金沢市民さん
80代女性※写真はイメージ

膝と脚の裏があまりに痛くて腕で這っていた時もあったのに、ここへ来てからは毎日飲んでいた痛み止めがいらなくなりました。

リオ五輪 トランポリン日本代表
中野 蘭菜 選手

自分では気づけていない身体の疲労にも、気づいてケアしてくれるので助かります。





こんな症状で
お悩みではありませんか?

慢性痛・難治症

  • 腰のヘルニア、狭窄症、五十肩と診断された
  • どこへ行っても治らない痛みやシビレがある
  • 頭痛持ち、耳鳴り、胃腸障害で困っている

交通事故外来

  • むち打ち症で首が痛い、動かせない
  • 病院などに通院しているけれど改善しない
  • 天候が悪いと症状がひどくなる
金沢バランス接骨院 院長 島野 啓士

私は以前、地域では大きな病院に勤務していました。柔道整復師の国家資格者として、整形外科でリハビリに携わっていたのです。そこでのリハビリは、主に電気とマッサージ、そして世間話がメインでした。ですが、私はすぐに壁にぶつかります。投薬治療とリハビリを行っても、患者様の症状は全然良くならなかったのです。それもそのはず、患者様は「治す」ために通院しているのに、病院で行っているリハビリは「癒し(気持ち良さ)」を与えることがメインだったからです。

そんな矛盾した状態に、私はついに嫌気がさしました。とは言え、私がこれまで専門学校で学んできた内容、一般的な柔道整復師のレベルでは力不足であることも分かっていました。そんな時に、私は偶然「関西のゴッドハンド」と呼ばれる整体師の先生と出逢ったのです。解剖学を起点に、骨や筋肉だけでなく、身体の内部全てを診ていく根本治療。腰痛などの整形外科疾患だけでなく、ガンや斜視まで治してしまう治療。その理論と現場を知れば知る程、その治療が本物であることが分かりました。

そこで私はこの師匠の下で学び続けることを決意しました。さらに、病院での様々な臨床や、日本代表選手を始めとしたトップアスリートたちのケアを最前線で行う中で培われたノウハウ。これらを融合し「島野式整体TM」として独自の治療体系を創り上げるに至りました。

治療の基本は解剖学。症状だけを診るのではなく、全身から発せられるメッセージに耳を傾けます。そして、問題のある箇所をふるいにかけ、最後に残った大元の根本原因を特殊な手技などで緩めて治療していくのです。

私の知る限り、同じような治療法をしている方は、石川県内はもとより、日本全国にもまだいません。おかげで今では紹介が紹介を呼び、遠くは東京や北海道からも患者様が来院されています。既に予約が取り辛い状態となっており大変心苦しいですが、もし本気で治したいとお考えの方は、一度当院にご相談頂ければと思います。

院長の略歴 《保有資格》

  • 柔道整復師(国家資格)
  • 日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)平成28年度体操競技
  • (一社)日本心理学アカデミー「メンタルトレーナー2級」認定
  • (一社)レッシュ・プロジェクト「コーチ級トレーナー(4スタンス理論)」認定
  • (一社)日本超音波骨軟組織学会 「上肢」「下肢」「音響工学」初級セミナー修了
  • Holder Research Institute Japan「Torque ReleaseTechnique」認定

《所属・担当チーム》

  • トランポリン日本代表 (年3回の代表合宿、'13年の世界選手権inブルガリア帯同)
  • 星陵高校 トランポリン部('14年、'15年 日本一)
  • 遊学館高校 バトントワリング部('12年、'15年全日本選手権日本一グランプリ)
  • インターナショナルカイロプラクティック協会
  • いしかわグローバルアスリート支援事業 医化学スタッフ

北海道や東京などからも患者様がご来院されている理由

病院に行っても「特に異常ありません」と言われて、薬と湿布だけで帰されてしまった。整形外科や接骨院、整体、カイロ、鍼灸、マッサージ…。1ヶ月みっちり通ったり、半年通い詰めたりしたけれど、結局どこへ行っても治らなかった。

あなたもそんな状況であきらめかけていませんか?事実、当院にいらっしゃる患者さんの多くがそういった方々です。そして、「どこ行ってもダメだったのに、あそこに行った日から薬がいらなくなった」「なんでか不思議だけど、本当に痛みがなくなった」「あんたも一度騙されたと思って行ってみー」などのご紹介を受け、皆さん最初は半信半疑でご来院されているのです。

▲ 巷には様々なレベルの治療家がいます

痛み止めの薬は対処療法に過ぎません。整形外科的疾患の場合、9割近くは手術を行う必要もありません。また、マッサージをすれば表面の筋肉はほぐれますが、その部位が痛みの根本原因でなけばまたすぐに再発してしまいます。特に長引く痛みのほとんどは、患部以外の場所に原因があります。骨盤や骨の歪みが全ての痛みの根本原因だとする治療では、治せる症状が限られてしまいます。

当院では、首から足、そしてメンタル(感情の問題からくる痛み)まで、全身を診ながら治療していくため、従来の治療法では治せなかった症状でも治せる可能性があります。

▲ 痛みの原因が予想外の場所にあることも

世界に名立たる体操の日本代表選手たち。当院は、そんな選手たちのメディカルケアを、日本オリンピック委員会から委嘱されています。自称スポーツトレーナーや国家資格を持った治療家は国内だけでも何万人もいます。ですが、オリンピックのメディカルトレーナーに選ばれてる人は、ほんの一握りです。

日本代表クラスのスポーツ選手たちほど、日々身体を酷使している人はあまりいません。その分ケガや故障のリスクも高く、それが競技成績や選手生命を左右するため、選手たちは身体のケアに対して特に神経を使っています。そして、その身体のケアを陰で担っているのが、私たちのようなメディカルトレーナーなのです。

▲ トランポリン日本代表 中野選手のトレーナーです
▲ 日本代表合宿への帯同
▲ 世界選手権への帯同
▲ JOCの医・科学スタッフとして

患者様からの喜びの声(感想文)

私たちも応援します!

交通事故問題に強い弁護士鈴木 貴夫 弁護士

交通事故問題に強い弁護士
鈴木 貴夫 弁護士

私はこれまで全国で最も交通事故の多い愛知県を中心に、損保会社側、被害者側の双方の交通事故案件を多数担当してきました。その中でつくづく感じることは、交通事故の場合、適切な治療を受けないと後遺症になりやすいですし、法的な心得が無いと過失割合や賠償額などでさらなる被害を被りやすいということです。だからこそ、私たち専門家の力を遠慮なく利用して下さい。きっとあなたのお力になれるはずです。

接骨院向けセミナー講師児島 悠史 様

接骨院向けセミナー講師
児島 悠史 様

私はこれまで仕事柄何百人もの接骨院の先生とお会いして来ましたが、推薦文を書いたのは初めてです。業界の内情を知る一人として、接骨院の善し悪しを見分ける一つのポイントに、患者様の声の質があります。単に楽になっただけなのかor本当に治ったのか、芸能人や雑誌にお金を払って広告しているだけなのかor実力で紹介が生まれているのか。島野先生は本物です。是非この治療法を世に広めて欲しいです。

お知らせNEWS

  • 2017.11.17

    原因不明の腹痛の症例

    症状 腹痛 小学生女子 一週間前より腹痛に悩まされ、三件の小児科の先生に診察をしてもらいましたが、原因も分からず、次第に胸も痛がり始めました。こちらの先生に診て頂くと、PM2.5が原因でお腹が炎症を起こしている原因が分か […]

  • 2017.11.12

    世界は広い!

    11/12本日まで、11/9からの4日間アメリカ人の講師の授業を受けてきました! 内容的に詳しい事は言えないですが、ものすごく良い内容でした。 また金沢バランス接骨院での治療のレベルが上がり患者さんに良いものか提供できる […]

  • 2017.11.08

    足首捻挫の症例:院長コメント

    今回は足首捻挫の症例です。 この方は富山県から来院された患者さんで、県外からの方が本当に増え、他に東海地方からも来院される方が増えてきました。 徐々に全国に広まりつつあるので嬉しいです。 話は戻しまして、この方はバレーボ […]

  • 足首捻挫の症例:富山県から来院

     足首捻挫:中学2年 富山県から来院   2日前に試合でケガをして痛くて血がかたまっているような感じがしていたけれど今日来て、骨盤がおかしいと言われ⚫️⚫️を流して⚫️⚫️をしてもらいました。 そしたら今までの […]

  • 2017.11.01

    11/2〜4まで休診

    11/2〜4まで院長、橋森スタッフ共に院外研修に出ておりますので、休診となります。 よろしくお願い申し上げます。

  • 2017.10.29

    不登校の症例:コメント

    只今、研修が終わり、サンダーバードの中での投稿です。 今回は精神的な不調による不登校の症例です。 当院には、痛みを抱えて来院される方だけではなく、このような症例もたくさん来院してます。 学校に行けない、職場に行けない、産 […]